ラフティング(rafting)体験・情報

Entry 228   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

 iTunes Store(Japan)

阿瀬知川にアユいた!住民も仰天 ヘドロだらけだったのに…

ラフティング(rafting) 体験・情報アウトドア(outdoor) 体験・情報


ラフティングGOGO!です。
俄然、ヤル気が出ますね!

 【三重県】四日市市の中心部を流れる阿瀬知川で21日、アユの生息が確認された。以前は生活排水が流れ込みヘドロが堆積(たいせき)していた川を泳ぐアユに、住民らは喜びの声を上げた。

 確認されたのは体長10-20センチの30匹ほどの群れで、近鉄四日市駅の東約200メートルの同市浜田町の同川で泳いでいた。ほかの流域でも目撃されており、四日市港から遡上(そじょう)してきた約100匹が生息しているらしい。

 以前の阿瀬知川は、川底が見えないほどヘドロが堆積し、夏場には悪臭で周辺の家庭が窓を開けられないような川だった。このため地元住民らは「阿瀬知川を美しくする会」を結成。2000年から、水質改善に効果がある微生物群「EM」を川に投入し浄化活動をしている。

 これまでコイやウナギなどは確認されていた。ただアユ発見の知らせには当初、会の堀木忠郎会長(77)も「ばかなこと言っちゃいかん」と信じられなかったという。そんな堀木会長もこの日、同市浜田町の米倉靖さん(72)が実際に釣り上げたのを見て納得した。

 県鈴鹿水産研究室(鈴鹿市)の中西尚文主任研究員によると、アユは春ごろに海から川に遡上する。今年は例年以上に遡上するアユが確認されており「きれいになった阿瀬知川にも上ったのではないか」と話している。

 堀木会長は「バンザイという気分。川を汚さず大事に見守ってほしい」と願っている。

   (土屋晴康)
10月22日11時2分配信 中日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000006-cnc-l24


これからも地域住民できれいな川を目指していって欲しいですね☆



全国温泉地マップ


★ワカサギ穴釣り、スカイダイビングなど初心者が楽しめるアウトドア・レジャー情報はこちら




2008/10/22   フィッシング     228TB 0   228Com 0  

 iTunes Store(Japan)

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://rafting55.blog70.fc2.com/tb.php/228-ccbc0fd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。