ラフティング(rafting)体験・情報

Entry 193   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

 iTunes Store(Japan)

森村誠一さん 奥の細道写真俳句紀行に挑む

ラフティング(rafting) 体験・情報アウトドア(outdoor) 体験・情報


ラフティングGOGO!です。
毎日が充実しそうですね。


 「《古池や鯉影(りえい)重ねてビルの影》…っていうのはどうかな?」

 咲き誇る彼岸花が秋の訪れを告げる、昼下がりの東京・清澄庭園。愛用のデジタルカメラで風景を切り取りながら、早速俳句を吟じてみせた。水面で交錯する鯉(こい)と高層ビルの影。わずか17文字に、新旧のコントラストを巧みに折り込んだ一句だ。

 長編推理小説「人間の証明」などで知られるベストセラー作家は近年、写真と俳句を組み合わせた新表現「写真俳句」の提唱者としても活躍中。今月中旬から、松尾芭蕉の足跡をたどる吟行に出る。岩手の平泉を皮切りに、白河の関などゆかりの数カ所を訪問、デジタル写真と俳句でつづっていく“平成版・奥の細道”だ。

 「300年以上前の俳聖を相手にまともに挑んでも勝負にならない。芭蕉が持っていない現代の感覚で迫りたいですね」

 俳句歴は長いが、写真を添えてインターネット上で公開し始めたのは5年ほど前。今では、日課の散歩はもちろん、買い物や通院時もカメラを手放さないという。

 「写真を付けると、抽象性が高くて説明不足だった凡句も引き立ってみえてくる。(カメラ付き)携帯電話を持っていれば誰でもすぐできる手軽さも魅力でしょう」

 作家生活40年以上で、著作は360を超えた。75歳の今も創作意欲は衰えず、原稿用紙40枚超を一気に書き上げる日も。全国から講演依頼が舞い込むほど人気がある写真俳句は、本業にも好影響を与えているという。

 「小さな部分を膨らませていく小説とは対照的に、俳句は凝縮の文芸。寝技ではなくパンチ力のある打撃技といってもいい。引き締まった文章を書く勉強になりますね」(海老沢類)
10月3日21時54分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000596-san-ent


趣味として良さそうですね。


★スカイダイビング、ラフティングなど初心者が楽しめるアウトドア・レジャー情報はこちら


2008/10/03   ラフティング(rafting)番外編     193TB 0   193Com 0  

 iTunes Store(Japan)

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://rafting55.blog70.fc2.com/tb.php/193-a51996a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。